ミモザの季節 女性の健康とアロマセラピー


春を告げ知らせる花はたくさんあります。
ヒヤシンス、スノードロップ、ムスカリなどの球根類や香りのある水仙、梅、沈丁花。
そして、黄色くて可愛らしい花のミモザもあります。

可愛らしい黄色のミモザ


ミモザの花を3月8日に贈り合う習慣がイタリアにあり、同じ日には国際女性デーです。
”国際女性デーとは世界中の女性の権利を守り、女性の活躍を支援するために世界中で祝われている記念日です。国連が1975年から世界に対して女性の権利に対する呼びかけを始め、1977年に国連は毎年3月8日を公式に国際女性デーと制定しました。”


国際女性デーが3月8日に決まったのは、ロシアの二月革命で女性が選挙権を得たことが元になっているようです。
シェクララ主宰の高島元子は、15年前に国際女性デーや女性の健康について意識をするようになりました。
また、厚生労働省が3月1日から8日まで、女性の健康づくりを呼び掛けています。
わたし自身もこれまでの人生を振り返ると、女性の一生は女性ホルモンに左右されていることを実感しています。
”女性ホルモンの状況がライフステージごとに劇的に変化するという特性を踏まえた取組や、社会的な側面を含めた生涯にわたる支援を推進し、女性の健康施策を総合的にサポートするため、我が国における実態を正確に把握した上で、女性の健康を生涯にわたり包括的に支援するための研究を行っています。”

 
シェクララとしては、3月国際女性デーや女性の健康週間をきっかけに女性の健康とアロマセラピーを関連付けた活動をしていきます。
ライフステージごとに、変化する女性の心と身体について、アロマセラピストとしても提案できることがあると考えます。
 
【2022年シェクララの基本活動】

1.メンタルヘルスに関して女性は男性の2倍、うつ病になりやすいといわれています。
  シェクララでは、女性がスムーズに気持ちの変化を受け入れることができるようにアロマセラピーを提供してい
  きます。
  気落ちした時、いらいらした時、自分にダメ出しをしたくなる時に助けてくれる香りを見つけるお手伝いを
  していきます、それが、気持ちに合わせて作るフレグランスレッスンとなります。
  また、自分の本音を知る手段として、香りの心理分析アロマアナリーゼも定期的に開催します。
 
2.女性の健康を生涯にわたり、サポートするための方法として植物との暮らし、アロマセラピーやハーブを
  取り入れるライフスタイルを提案していきます。
  この活動は、【60歳からのフランス式アロマライフ研究会】を通じて提案・発信していきます。
 
 
自分の健康をまた見つめ直す機会として、国際女性デー・女性の健康週間を過ごしてみませんか。