ローズが香る マリー・アントワネットのお茶会開催


アロマスクール&サロンChezClara(シェクララ)です。
6月は国分寺にあるカフェといろいろびよりで旅するびより~フランス編が開催されます。
海外を旅することができない今だから・・・・・
フランスのアロマとエスプリをお届けするイベントです。

その第一弾のイベントをChezClara(シェクララ)が担当します。
パリの百貨店ではフレグランスだけでワンフロア―が埋め尽くされているほど、フランスでは香りは人気があります。
今回は、香水の元になるローズの香りを味わうイベントです。
マリー・アントワネット、彼女が好んだトリアノン宮での暮らし。
社交界では、服の白さこそがステータスの象徴でした。
そして美に敏感な貴婦人たちにとっての重要なアイテムだった香水。
マリー・アントワネットのために王妃の好みと気分に合わせてフラワーベースの香水が手袋商兼調香師によって調合されたそうです。
またトリアノン宮には、マリーのふるさとを連想する田舎風の家や菜園では、野菜が栽培され、酪農の仕込み部屋もありました。
フラワーベースの香りを作り、そのあとでローズの香りのするスイーツを味わっていただきます。

【タイトル】マリー・アントワネットのお茶会
【日 時】 2021年6月5日(土)13:30~15:30
【場 所】 カフェといろいろびより
      東京都国分寺市南町1-14-7プラウド国分寺1階
      vieyori.jimdofree.com

【参加費】 4000円(税込)
ダマスクローズで作るモイストポプリ代
      ローズの香りがするスペシャルなスイーツ付き
      ※当日、会場でお支払いをお願いします。
      
【内 容】 初めにフランス王家に嫁いだマリー・アントワネットについて書籍
      からのエピソードを紹介し、かつての人々がハーブを生活に取り入
      れる理由にも触れ、実際にクラフトを作ります。
      作り終えたあとに、ティータイムでさらにローズの香りを楽しみま
      す。
【定 員】 6名様
【その他】 エスプリを表現するという意味を込めてドレスコードがあります。
      白いものと麦わら帽子を身に着けて参加をお願いします。
      カフェといろいろびよりでは、換気に気をつけてイベントを開催
      しています。入場の際に、検温と手指消毒にもご協力をお願いしま
      す。
      


 

下記のフォームにご記入の上送信をお願いいたします。

https://ws.formzu.net/dist/S80814579/