私たちのからだに備わっている「保護する力」「守る力」


アロマハーブスクール&サロンChezClara(シェクララ)です。

昨夜は、魔女ラボ主催のセミナーに参加しました。
精油の体内動態を考える<経皮の場合、吸入の場合>の2回目でした。

ChezClara(シェクララ)では、アロマセラピーを多くの方に学び生活に取り入れることを大切にしています。
さらにアロマセラピーを伝える人になってほしいと考えた講座を開催しています。
アロマセラピーがどのような場面で役立つのかを学びます。
そのために精油の使い方の注意点もお話ししていますが、必要以上に不安を感じることがないようにしています。

例えば、「わかる繋がる活かせるアロマ講座」でも、植物そのものを知ってもらい、精油成分が作られる意味や作られる部位なども触れていきます。
精油によっては、乳幼児や高齢者の方に使う場合の禁忌事項も触れていきます。
だからといって、必要以上に神経質になりすぎることはありません。

精油を楽しむ方法には、芳香浴やセルフケアなどがあります。
精油を薄めて腕にぬってみる、ディフューザーで部屋に香りを薫らせてみると、経皮から吸収して、鼻から吸入することで、からだの中のどこに分布し、どのように代謝されていくのかがわかれば、精油の禁忌事項も不安ではなくなります。

特に、昨日のレッスンでは、代謝する意味をうかがって、自分のからだに備わっている「保護する力」「守る力」が素晴らしいものだと再認識できました。
その守る力を覆すような精油の使い方も知っていれば、やみくもに不安になる必要はありませんし、自分を守る意味がわかります。

2021年も「わかる繋がる活かせるアロマ講座」を開催していきますが、こちらの講座は可能であれば、対面式で実施をしたいと考えています。
アロマセラピー初心者でも、学ぶことができるアロマセラピーの講座として、5月開催を目標に取り組んでいきます。