気分で選ぶアロマセラピー


アロマハーブスクール&サロンChezClara(シェクララ)です。
今日、「わかる繋がる活かせるアロマ講座」が終了しました。
半年間、一緒に走り伴奏してきましたので、ちょっとぽっかりと
してしまいそうです。
今日は、アロマセラピーを仕事としてするうえで、抑えておきたい
法律について振り返りました。
今更ですが、気をつけなければならない法律ってたくさんありますね。
◎医療じゃないから
◎化粧品販売ではないから
◎介護業務ではないから

ということは、リラクゼーション、それが健康増進に寄与する。
伝え方も、やっていることも、誤解を生まないように注意をするって
ことですよね。
わかってはいても、常に念頭に置かないと、いつの間にか表現が
行きすぎたり、あいまいだったりします。
特定の成分が入っている薬のとは違い、精油は農産物なので工業製品の
ようにはならないということもいえます。

法律を知って窮屈に感じるよりは、行きすぎないことの戒めとなるのだと
思います。
そのことをすべて理解したうえで、自分は誰にどのようにアロマセラピーを
提供していくのかが必要となります。

成分だけでは言い表せない結果をもたらすのがアロマセラピー
暮らしにプラスワン、生活の中で使う人を手助けするアロマセラピー
「気分で選ぶこと」
それは、自分が中心であることがないと選択はできないですね。
選択することで、気づくことがもたらされます。