自分なりの哲学をもつきっかけとなるわかる繋がる活かせるアロマ


アロマハーブスクール&サロンChezClara(シェクララ)で、現在開講している
わかる繋がる活かせるアロマ講座も、残すところ1,2回というところにきています。
中には、アロマセラピーを初めて学ぶ方もいます。
化学・科学のところは、補講をしながら学び続けていただいています。
その受講生さんから、感想をいただいたので、掲載します。

『アロマセラピーに関して自分なりの哲学を持つ』
この講座で、精油をいろんな角度でみるという感覚ができて来ました。
精油のメッセージを考える学びは、日常にも、応用できると感じます。
対人関係も相手の言動に何故こう来るの?と受け止めると、余計な不安や勘ぐりが出ますが、精油を多面的にみることが人を見る際の知恵につながります。
イラッとして終わりじゃ、相手の思う壺ですから。
講師のブログで見た「自分なりの哲学」という言葉も、『ああ、それでいいんだ』と、開放感がありました。
私にとって、初めて学ぶアロマセラピーが、真摯にアロマに向き合い続けていらっしゃる講師と魔女ラボ有志の講座で、本当に幸運です。
一緒に学ぶ渡辺さんとでは、キャリアも目標も違いますが、この講座をきっかけに、精油の情報を増やして、精油の力を広く活用していきたいと思います。

初心者であっても、アロマセラピーの本質に必要な見方・考え方が伝わっているなあと感じました。
新たに2021年1月から、「わかる繋がる活かせるアロマ講座」がスタートしますが、このように自分にとってのアロマセラピーを構築できる考え方や見方を身に着けてほしいですし、普段の生き方にも十分活かせるのだと実感しました。

この講座は、いずれはプロとして自分で決めるアロマセラピーの一助になると実感をしています。