肩こりや目の疲れにも関与するマスク生活


アロマハーブスクール&サロンChezClara(シェクララ)です。
サロンで提供するフェイシャルトリートメントについて、所属する協会の
スキルチェックの会がありました。
日本フェイシャルトリートメント協会で学ぶ表情筋機能再生トリートメントは、医療補助としての役割を持っています。
フェイシャルトリートメントによって、高齢者の表情筋の機能を再生し、咀嚼や嚥下の能力の回復に寄与することを目的としています。

高齢者のためですが、現在の私たちにこそ必要で活用できる内容です。
コロナ感染症対策として、マスク着用が生活の一部です。
マスクをつけていることによる影響はたくさんあります。

マスクが動かないように顔を緊張させている。
人と話す機会が減り、顔の表情を動かさない。
パソコン作業が多く、下を向いた状態でいる。
パソコンを凝視するため、目や眉間に力が入ってしまう。
肩こりや首のこりがつらい。
笑顔になることがなく、口角をあげない。

いろいろ上げればきりがないですね。
昨日は、この表情筋を使えない生活によるデメリットに対応するために
セルフケアを学びました。
この目的は、コリをほぐす、滞りを解消する、重力に少しだけ抵抗するなど
簡単にできるセルフケアでした。
今回、参加したセラピストやインストラクターはお客様に称えたり、患者様に
伝える場面があると思います。
アロマハーブスクール&サロンChezClara(シェクララ)でも、お伝えする機会を作りたいと思います。