ハーブや野菜は色も楽しめます


アロマハーブスクール&サロンChezClara(シェクララ)です。
普段は、アロマやハーブを使ったサロン事業(トリートメント)やスクール事業(アロマセラピーの資格講座など)を提供しています。
これに加えて地元国分寺で、アロマやハーブを生活に摂り入れる方法を発信したり一緒に楽しむ活動をしています。
「わかちあい市庭ひとと」という国分寺を拠点に活動しているグループとのご縁でアロマやハーブの活動をさせていただいています。
今週木曜日に、ハーブと秋の味覚を使ったハーブランチを提供します。

ハーブや野菜の活用法とすると調整機能でしょうか。
野菜の栄養素の中で、ミネラル分などは調整作用があるといわれています。
そのほかに色素にも着目したいと思います。
赤や黄色、紫などの色素にも役割があります。
今回のハーブランチでお出しする温サラダでは、ビーツや紫玉ねぎを使います。

国産のビーツが手に入りました。
ビーツの赤い色はべタシアニンという色素になります。
たいへん抗酸化作用に優れていて、食べた後には疲れにくい、調子が良くなるといわれています。
また紫玉ねぎのこの色は、アントシアニン。
ポリフェノールの一種のフラボノイドです。
目の老化や、血管の強化に役立つようです。

香りで楽しんだり、色で楽しんだり、味でも楽しめるハーブランチとなりますように。
メインのおかず、サラダ、スープ、ご飯がついて1000円となります。
今回のハーブドリンクは、ホットコーラです。
10月15日(木)11:30~14:30
どうぞお楽しみになさってください。
ご予約をお待ちしています。
hitoto.kokubunji@gmail.com