日本人になじみ深いハーブは?


アロマコミュニケーションカウンセラーの高島元子です

ハーブの活用法、なにか取り入れていることはありますか

その場合は、フレッシュ、ドライ、どちらですか

 

暑い時におすすめなハーブと活用法をお伝えします

日本人にもたいへん馴染みやすいのは何だと思いますか

それは、ミントです

料理やお茶、クラフトとしても利用されていますね

例えば、ミントティーや歯磨きの香りなど身の回りにあふれています

ミントといっても実はたくさん種類があります

ブラックペパーミント、グレープフルーツミント、オーデコロンミント、レモンミント、

パイナップルミント、アップルミント、さらには二ホンハッカもあります

シソ科のミント類、ペパーミントはスペアミントとウォーターミントとの交配種です

 

暑い時のミントの活用法は、グレープフルーツミントなどを中心にします

①ミントのハーブコーディアル

砂糖水を作ります
常温になった砂糖水に洗ったミントを浮かべます
一晩、置くとミントの香りのコーディアルになります
これを炭酸水や水などで薄めて飲んでみてください
市販の飲料よりも甘さ控えめのミント水になります
甘いものが嫌な場合は、ミネラル水にフレッシュのミントをいれて飲んでください

➁ヨーグルトソース

ミントの葉を洗い、みじん切りにしてから少し塩をまぶします
このミントをヨーグルトに混ぜればヨーグルトに混ぜてソースにします
スライスしたキュウリにかけて食べると爽やかなサラダとなります

 

口からとる涼しさの一品でハーブを楽しんでくださいね