アロマテラピーの歴史 儀式から医療へ


アロマセラピーの歴史を紐解くと、
四大文明の発祥の地で、
死者を送る際の儀式に
香りが使われたことが
記録に残っています

 


また芳香の煙は
人と神をつなぐものとされ、
呪術的に使われていました
香りは紀元前の当時、
王族や聖職者が主に使っていました

 

 

香りの活用法が
呪術から医学へと
変化したのは
エジプトからギリシャ・ローマへ
薫香が伝わったことが要因です

 

 


ギリシャの医師ヒポクラテスは、
ハーブを治療に
積極的に取り入れたとされています
アロマテラピーの祖は
ヒポクラテスだったのです

 

 

 

 

ヒポクラテスは
「食事法」を重要視していました
季節や体質に合わせた食べ方や
芳香物質を活用した入浴法や燻蒸を
推奨していました
ハーブの使い方を
400種も考案したのが
『香草誌』としてまとめられました

 

その後、植物を中心とした書籍が編纂され、
さらに植物療法が発達していきます